栗ようかん「月よみ山路」

栗ようかん「月よみ山路」

秋に食べたくなるのは、やっぱり栗ですね。全国には、栗を使った銘菓が数々あります。岐阜の栗きんとんはよく知られていますが、石川県小松市には、栗羊羹の銘菓があります。

 

石川県小松市大文字に材する「松葉屋」は、地元で大人気、全国的にもよく知られた和菓子店です。
この店を代表するのは「月よみ山路」と名付けられた羊羹です。栗入りと胡桃入りの二種類が販売されていますが、栗入りのものが圧倒的に有名です。

 

竹の皮に包まれた蒸し羊羹は、素朴な姿の中に沢山の栗が入っています。どこを切っても、その断面には、大粒の栗がでてきます。
栗だらけと言っても言い過ぎにはならないと思います。

 

蒸し羊羹ならではの、モチモチとした食感に、甘過ぎずにあっさりとした食味。そこに栗の食感と自然の甘みが加わって、奥深い味わいです。
石川のスイーツを代表するに相応しい味わいです。

 

日経新聞の2009年のランキング、日経プラスワン「みんなで食べたい栗菓子」では、第7位にランクインしていますが、なんと「栗蒸し羊羹部門」では第1位です。

 

羊羹好き、栗好きには、垂涎の逸品であることは、ランキングで示す通りです。

 

石川県に来たならば、一度賞味して、石川の銘菓の底力をどうぞ感じて下さい。

オススメランキング画像