四季のさかな

四季のさかな

スーパーに行くと、鮭やまぐろなどが並んで一年中賑わっていますが、秋に美味しい秋刀魚や戻りカツオが有名なように、魚には本来それぞれに美味しい“旬”があります。

 

石川県では、季節を代表する水産物を「石川の四季のさかな」として選んで、県産の水産物のイメージ向上を図っています。

 

春は、“花見魚”とも称される「細魚(さより)」と「鰈(かれい)」。

 

夏は「烏賊(いか)」。
石川県でもっとも水揚げが多いのが、烏賊類です。スルメイカやアオリイカ、ヤリイカなどが水揚げされています。石川県の能登には「いしり」という魚醤がありますが、これは真イカの内蔵から作られています。

 

秋は「甘海老(あまえび)」です。石川県の寿司屋では、外せないネタです。冷凍物でない旬の甘海老の美味しさは得も言われません。

 

冬は「加能ガニ・香箱ガニ」と「天然能登寒ぶり」です。
石川県では、ズワイガニのオスを「加能ガニ」、メスを「香箱ガニ」と呼んでいます。11月に蟹の解禁と同時に、魚屋の店頭が賑わいますが、この時期に近江町市場を訪れると、本当に華やかで外来者はびっくりします。

 

「寒ブリ」と言えば、誰しもこの石川県を思い浮かべるのではないでしょうか。出世魚のこの魚は、「コゾクラ」「フクラギ」「ガンド」と成長するごとに名前が変わり、体長一メートル程で「ぶり」と呼ばれます。かにも捨てがたいですが、この時期に能登で揚がる寒ブリは天にも上るような美味しさです。

 

石川県の旬の魚を、石川で出会った素敵な彼や彼女と是非味わってみて下さい。魚の美味しさを再発見されることと思います。

オススメランキング画像