美しい和ろうそくやお菓子を作り出す石川県

美しい和ろうそくやお菓子を作り出す石川県

和ろうそくが盛んに作られているのが石川県です。
奈良時代に、中国から日本にろうそくの技術が入ってきました。
その後に、日本の技術と繊細さによって、この和ろうそくが生まれました。
今では、美しい花の絵を描いたものから形がユニークなものなども売られています。

 

菜の花を使った淡い黄色の色が美しいろうそくから、米で作られたろうそく、黒い色や赤い色が美しいろうそくまであります。
赤と白色が、10本セットになっていて売られています。クリスマスの季節に、部屋に飾ると綺麗だろうなと思う色です。

 

モダンなものは、ストライプや水玉、形がまるで海外のチェスの様な形をしたものまであります。
斬新で美しいシルエットのろうそくなのです。和ろうそくでは、百合の花やタンポポ、パンジーの様な柄が多く、ほのぼのとしている絵柄が多いのが特徴です。部屋に飾るだけでも、素敵です。

 

寒天と砂糖を入れて、固く固めたお菓子があります。
見た目は、ゼリーの様で、食べると少し固い歯ごたえと甘さを感じられます。
色がとても綺麗で、オレイジや白、ピンクや黄緑、水色という淡い色が美しいお菓子なのです。
うちわ煎餅も可愛く、蜜せんべいにピンクやブルーの色を塗っているお煎餅です。懐かしい形と色で、素朴なお土産品です。

 

石川県出身の人と出会ったときには、美しい和ろうそくの話を尋ねてみてもいいかもしれません。

オススメランキング画像