100万石もの領土を持っていた前田利家

100万石もの領土を持っていた前田利家

加賀の百万石というフレーズは、子供でも知っています。
それだけ、その加賀の時代の勢力は凄かったのです。三国に跨り、前田家が支配していたのです。
その所領が多ければ多いほど、その人の権力を知る事が出来ます。1600年代に、その領土も120万石という大きさにまでなります。

 

その加賀には、加賀百万石時代村がありました。その加賀藩の生活ぶりから歴史や文化などを知れる場所です。
テーマパークで、かなり広いです。37ヘクタールという広大な敷地に、江戸時代の中期の町並みなども再現しています。
今は、日本元気劇場として運営しています。

 

加賀一向一揆は、1488年から100年近くも続いたもので、本願寺の門徒が行ったものです。
その一揆を鎮めたのが、前田利家だと言われています。その前田利家という人は、戦国時代から活躍した武将です。
顔は少しひょうきんな顔をしている人で、織田信長に小姓として仕えていた時代もあります。信長から色々と伝授してもらい、可愛がられていました。

 

その事があってから、能登一国の23万石をその後に譲り受けて大名となったのです。
信長が亡くなってからは、豊臣秀頼に仕えています。
その後は、徳川家康に仕えるという波乱の人生を送っています。
でも、歴代の殿様に仕えたからこそ、加賀の100万石の異名を成し遂げたとも言えます。

 

石川県ではとても有名で人気のある戦国武将が前田利家なのです。

オススメランキング画像