石川県の郷土食「かぶら寿司」

石川県の郷土食「かぶら寿司」

「かぶら寿司」といえば石川県を代表する郷土食です。富山でも食されていますが、石川県が発祥の地です。

 

「かぶら寿司」は、塩漬けしたカブの輪切りに、「寒ブリ」を挟んで、麹で漬け込んで、発酵させたものです。
当地では、気温がぐっと寒くなる頃、成長して一段と脂がのった美味しい「寒ブリ」が出回ります。
かぶらも瑞々しくも身の引き締まったものが、この時期に八百屋に並びます。
この二つの美味しい食材が、麹(甘酒)の発酵によって熟成してまとまり、旨味がぐっと増すのです。
酒の肴にはもちろんのこと、ご飯にもあう料理なので、石川県では老若問わず愛されています。
カブの食感と寒ブリの脂の旨味と、発酵して生れた酸味が、口中でとけ合って得も言われぬ美味しさです。

 

金沢では、古来から冬の保存食として、正月の定番料理として、各家庭で作られてきましたが、そうした自家製のかぶら寿司も減少してきました。
それでもかぶら寿しを漬け込む家庭はあり、時期になると、かぶら寿し用の麹などが店に並んでいます。

 

「かぶら寿司」を製造している食品会社は多く、数々の商品が販売されていますので、一度取り寄せて召し上がってみて下さい。おせち料理に、加賀金沢の贅沢な逸品を加えるのも、また違った正月になって、新鮮味があるのではないでしょうか。
子どもからお年寄りまで、ご家族で召し上がるのにぴったりな逸品です。

オススメランキング画像