他府県の人が見た金沢駅の印象

他府県の人が見た金沢駅の印象

石川県の金沢駅までバスで向かいました。
というのが用事が調査のアルバイトで、40、50人ぐらいのおおがかりなもので、広範囲にわたる実施を予定していました。
私が到着した地点は金沢駅の近くの駅でしたが、駅に設置されてある交通網の路線図を見ると、普段見慣れない感じでした。
富山駅までつながっていたりと。

 

調査箇所は駅の中と、改札のすぐ外のところであったから、わりあい人通りは多かったです。田舎というよりも、もっとカジュアルで若い子は都会に過ごすのと大きな差異は感じられませんでした。
日本はどこでも見かけに変わりはないなと思えたときです。
女子高生も通りましたが、その姿は都会と何ら変わりありません。

 

わかりやすく違うのは周辺の環境かもしれません。日本の駅といっても、駅は田舎っぽい感じがしたし、駅前にビルがありつつ、一般的なサイズのビルが揃っていて、一つも高層ビルはありません。
都会ほど喧噪感がなく、まったりとして過ごしやすそうなところでした。

 

ただ、コンビニなどは見あたらなかったように思います。
店がなかったように思うから、その間どこで食事したのかと思いだせず、もっぱら住宅については思いだせます。
なかには過疎化したようなエリアも垣間見ることがありました。

 

他府県の人からすると、石川県はこういったように映っているのですね。

オススメランキング画像