石川県をもっと知ろう!

石川県をもっと知ろう!

金沢では7月1日(旧暦の6月1日)に、「氷室饅頭」を食べる風習があります。

 

かつて加賀藩では冬場の雪を「氷室(ひむろ)」と称される保冷庫に貯蔵していました。
初夏のこの日に氷室を開いて氷を取り出すことを「氷室開き」といいますが、取り出した氷は、加賀藩で夏場に利用していました。
そして、加賀藩前田家から徳川幕府へも献上していました。

 

氷は、筵(むしろ)と笹の葉に厳重に包まれて、金沢から江戸まで運ばれましたが、その際には、神社に饅頭を奉納して、将軍の元に無事に届けられるように祈願されたのです。
この慣行と、この日に寒中で育った穀物を食すと、病気に罹らないということから、初夏のこの日には、一般庶民も「氷室饅頭」を食することが習わしになりました。

 

「氷室開き」は、昭和30年頃には一旦廃れましたが、「氷室饅頭」を食べる慣習は、無病息災を祈願する「氷室の節句」として、今も金沢に残っています。

 

「氷室饅頭」は白と赤、緑(あお)の三色が一般的で、こし餡の酒饅頭です。金沢市内の和菓子店では、6月の下旬から7月1日まで、氷室饅頭が店頭に並びます。

 

初夏の頃に素敵な石川県民との出会いがあり、金沢に行かれる方は、是非「氷室饅頭」を召し上がり、無病息災をお祈りして下さい。

オススメランキング画像

石川県をもっと知ろう!記事一覧