能登ッポ

能登ッポ

石川県能登半島のお菓子に「能登ッポ」というのがあります。
銀紙でつつまれたお菓子で薄い生地の中に白餡が入っている素朴なお菓子です。
そのお菓子の箱に「能登ッポ」という言葉の説明書きが入っています。

 

「能登ッポ」と言うのは能登の人のことで、加賀の人「加賀ッポ」としばしば区別して使われるようです。
洗練され雅やかな加賀ッポとは違い、能登ッポは温和で素朴な気質であるけれど、不条理な権力には一切屈しないという強さを持っているそうです。
確かに、温和でやさしいけど時々頑固で引かないときがある…。
ちょっとどうでもいいようなことでも引かないときがある…。
こういった部分もありますが、今までいろんな県民と出会った中でも5本の指に入るほど石川県の人たちは「優しい心」を持っています。

 

また石川のの人は物静かで本当に良く働きます。
土地柄冬は雪かきをしなければ外に出られないので早起きの人が多い気がします。

 

海も山もあるのでお米も野菜も魚もお酒も美味しいものがいっぱいです。
回転寿司もネタが新鮮で大満足できます。

 

真面目に働いて美味しいご飯を食べる。
物静かに暮らしているが心の中には強さを秘めている。
古き良き日本人の姿だと思います。

 

見習うべくところが沢山あるのが石川県民だと思います。

 

こんなに素敵な石川県民の人と出会って、ワクワクするような恋を楽しんでください♪

オススメランキング画像