七尾フィッシャーマンズワーフ

七尾フィッシャーマンズワーフ

七尾フィッシャーマンズワーフは、能登の文化風土に親しむ拠点として作られた食祭市場で、生鮮市場を始めグルメ館や銘産・工芸館、能登祭歳時館などを備えた食の一大アミューズメントパークとして誕生しました。

 

季節ごとに繰り広げられるイベントや朝市など、地域密着型のイベントの開催にも積極的で地域住民にも親しまれており、2009年4月1日より石川県では19番目の道の駅として登録されました。

 

2階の「能登グルメ館」の中には新鮮な魚介を使った海鮮丼を始め様々な料理を楽しむ事が出来ます。
また、誕生日にグルメ館を利用した人には、全館で利用可能な金権を、利用金額に応じた額分プレゼントしてくれます。

 

1階の「能登生鮮市場」では、その日七尾港に水揚げされたばかりの鮮度抜群の魚介類を始め、乾物や魚介類の加工品など様々な物を販売しております。
また、その日漁港で水揚げされたばかりの活きの良い地魚や、季節の旬のネタなどを使い、熟練職人が握るお寿司を格安で提供してくれる辺りはまさに港の市場ならではです。

 

「能登銘産・工芸館」では地域の工芸品やオルゴール、ガラス細工の工芸品などを販売しています。
「能登祭歳時館」では、四季の祭りの模様を模型、パネル写真で展示しており、イベントやミニコンサートも開催出来る多目的スペースも併設しています。

 

好きな人とト一緒に石川県の文化風土を親しむことができる七尾フィッシャーマンズワーフに行ってみてもいいかもしれません。

オススメランキング画像